トップ / 葬儀葬式の形態は様々

葬儀葬式の形態は様々

葬儀と葬式について

弔辞

葬儀の形態が変わりつつある

最近では様々な葬儀の形態があります。その中でも家族葬を行う人が増えています。昔はたくさんの人が参列して通夜や告別式を行っていました。親族は来てくれた人に対して色々と気を使うため、亡くなった方と静かに最後のお別れをすることができませんでした。しかし家族葬の場合は親しい人だけで行うので、静かに亡くなった方との最後のお別れができるのです。そのために最近では大きな会場でたくさんの人を集めて葬式を行うよりも、家族葬行う人が増えているのです。そのため葬儀会社でも、家族葬のプランを用意するようになってきています。

様々な葬儀について知ろう

葬儀には様々な物があります。一般的には家族が亡くなると業者に頼んで自宅に祭壇設置、ご遺体の搬送、枕経、翌日納棺、通夜をして翌々日に告別式、火葬と言う流れになります。しかし、今では様々な形があり業者も様々な葬儀を用意しています。1日でご遺体を引き取り通夜、告別式をする1日葬、身内や家族、親しい友人などだけでとり行う家族葬、海洋に粉砕したお骨を撒く海洋葬、お金を掛けないようにすぐに火葬場へ運び火葬する直葬、音楽で送る音楽葬などがあります。業者に相談する事で様々なプランを立ててくれます。

↑PAGE TOP